風速10m(メートル)とはどれぐらいの風?影響は?

2021年7月26日

風速〇m(メートル)って聞いたことあります?

それってどれぐらいの風?

ここでは風速10m(メートル)について、その体感と影響をお伝えします。

風速10m
風速10m

 

風速の意味からわかる風速10m/s

風速とは、風の速さです。

風速10mは正確には風速10m/s(10メートル毎秒)。

1秒で風(空気)が10m進むという意味です。(時速で言うと時速36km/hです)

人の歩く速さは秒速1.25mなのでおよそその8倍。

原付バイクの上限が30㎞/hなのでそれより少し早いぐらいの風です。

スピード違反ですね(笑)

原付で最高速度を出すと結構風を感じますよね?

それ以上の風です。

稀に被害が出る風速です。

ちょうど注意報の基準が10m/sの都道府県がいくつかあります。

被害に注意が必要です。

気象用語では「やや強い」と分類される風です。

でも体感すると「風めっちゃ強い!」と感じるでしょう。

普通に生活していれば、10m/sは強い風と感じます。

生活にはかなり影響のあるレベルの風です。

気象観測で風速10m/sというと、10分間の平均した風速が10m/sという意味になります。

 

言い換えると平均風速です。

風には「息がある」と言います。

風は強弱を繰り返します。

その10分間の平均が10m/sということです。

平均風速10m/sといった場合

『20m/s~5m/sの風が吹き続け、平均したら10m/sとなる』

経験的に、最大瞬間風速は平均風速の1.5倍~2倍は吹くといわれています。

この2倍という数字を突風率といいます。

突風率や平均時間が10分であることは気象庁のHP(風向と風速)に書かれています。

 

最大瞬間風速10m/sと値は同じですが、平均10m/sのほうが一時的な風の強さが大きく、影響も大きくなります。

看板が飛ぶとか、比較的飛びやすい物が飛んで被害になります。

災害とまでは言えません。

風速10ms/は原付バイクに乗って感じる風い以上
平均風速10m/sのこと。最大瞬間風速10m/sだとその時だけの風なので弱く感じる

風速10m/sの体感

『10m/sは、原付バイクのスピード以上』と紹介しました。

だから、体感としては『原付バイクに乗ったときに感じる風以上

というのが答えになります。

でも、原付バイクに乗ると、操作に意識が向かいます。

信号でもよく止まります。

風の事はあまり分かりません。

そこで、別の例えをいくつかします。

ビューフォート風力階級によると

有名な「ビューフォート風力階級」によると風力5(8.0m/s~10.7m/s)に該当します。

疾風と呼ばれる風速です。

疾風怒濤の疾風は風力5(8.0m/s~10.7m/s)を表してるんです!

今日から「風力5怒涛」と言い換えてみましょう(笑)

陸上であれば「葉のある灌木(低い木)が揺れ始める」

海上であれば「水面に波頭が立つ」

となっています。

風速10m/sはギリギリ風力5。

もう少しで風力6というところなので

陸上では一時的に「木の大枝が揺れ、傘がさしにくくなる。電線が唸る。」

海上では一時的に「白く泡立った波頭が広がる。」

ぐらいで考えても良いでしょう。

なんとなく感覚つかめました?

実際、電線から「ウゥ~」と風切音がする日にアメダスの風をみると

それぐらいの風速が観測されています。

風速の観測は局地性が強いのでアメダス地点によって違いはあると思いますが。

先日、(近くのアメダスで)風速10m/sぐらいの日がありました。

普通の傘を持っていましたが、開くのは断念しました。

おそらく、瞬間的に10m/s以上の風になっていたのでしょう。

風の強い日は強風対応の、裏返っても大丈夫な傘を使いましょう!

原付バイクに乗って傘をさすことを想像したら結果はわかりますよね(逆にわからない?)。

旗だとは絶えずバタバタ音を立てる風速です。

煙は横に近いぐらいの角度で上がります。

体感で「かなり強いな」と感じるでしょう。

会話で「今日はかなり風が強いね」という日は風速が10m/s以上の日です。

気象用語で「やや強い風」とは10m/s以上の風を指します。

「強い風」は15m/sです。

しかし、一般的に10m/sの風で既にかなり強いと感じます。

NHKニュースの天気では「〇〇の風やや強く」と放送されることがあります。

それが、この10m/s以上の風(15m/s未満)という意味です。

「今日は風がかなり強いね」という日は風速が10m/s以上
葉のある灌木(低い木)が揺れ、一時的には木の大枝が揺れ電線が唸る
傘は気を付けてささないと骨が折れる
体感ではかなり強く感じるが予報用語では「やや強い」と定められている

 

風速10m/sの影響

風速10m/sでは電車、船の運航に影響はありません。

航空機は風の影響を受けやすく、運悪く滑走路に真横の風なら影響を受けます。

が、大抵の場合、タイミングを見計らって出発します。

経験上、欠航まではいたりません。

災害が発生するほどでもありませんが、生活やレジャーにはかなり影響するのでまとめてみました。

また、風の予想は気象庁HPwindyで確認できるので、下の影響を参考に計画を立てましょう。

 

洗濯物

洗濯物は風速に比例して乾きますが

10m/sなら外干しは諦めてましょう。

どうしても・・・という場合は飛びにくい物に限定し

洗濯バサミなどで厳重に固定しましょう。

飛ばされないように2重にとめるなど工夫をしましょう。

家が風上側になるようなら、風の弱まるポイントに干すのもありですね。

大抵の家は南側に洗濯物を干すはずです。

冬の季節風は北風なので、場所を工夫しればどうにか大丈夫ということになります。

帽子

原付に乗っていると考えれば答えはわかるでしょう。

ほぼ、勢いよく飛ばされます。

どうしてもという場合はあご紐などが必須です。

キャンプ

平均風速10m/sの場合、最初に書いた通り瞬間風速は倍になることがあります。

テントは使用できません。

キャンプには向きません。

最大風速で10m/s場合であれば、どうにかキャンプができるギリギリの風です。

そんなときは鉄製やチタン製のペグが必要です。

アルミ製でもテント崩壊の可能性があります。

しっかりと鉄製やチタン製のペグを打ちましょう。


かなりしっかりとした風除けがあるという好条件で初めて焚火が可能です。

その場合でも、周囲に燃えやすい物を置かないように工夫し、風の様子に気を付けましょう。

また、ビニール袋など簡単に飛ばされます。

ビニール袋はその辺に置かない(飛ばされないものに入れておく)

空き缶や空のペットボトルも飛ばされないように注意しましょう。

ゴルフ

10m/sの風でもプレイは可能です。

嵐でもプレイする人がいますので。

しかし、可能と快適は違います。

風の計算は必要です。

ゴルフ場は建物が少ない広場です。

街中より風は強く感じるので、天気予報の風速よりは

強くい風が吹きやすくなっています。

ヘッドスピードや角度によって飛距離への影響は違いますが

向かい風(アゲインスト)だと20~30ヤード飛距離が短くなります。

追い風(フォロー)では20~30ヤード飛距離が伸びるので

クラブを3つ程度上げて対応しましょう。

風の影響を抑えるために低めの球を打つ

いわゆるパンチショットが無難でしょう。

これぐらいの風になると、そうそう止みやしないので

風を楽しむ工夫が必要です。

 

海上

陸上とは違い、海上は風が吹きやすいです。

抵抗となる物がないので。

海上で10m/sもよくある風です。

レジャーでカヌーや手漕ぎボートがありますが、10m/sだとこぐのが大変。

レジャーとして楽しめる風速ではありません。

沖に出た場合、すこし風の吹く要因(等圧線の間隔が混むなど)

があれば10m/s以上の風になります。

波も立ち始める風で内海でも風が吹き続ければ波が立ちます。

湾の特性によりますが1mぐらいの波が立つ可能性があります。

参考(Bretschneider(1970)に基づく風浪推算の図)

よほど小さな船でない限り欠航する風速ではありません

テニス

硬球であっても風速10m/sは影響が大きい風速です。

どこで風速10m/sなのか が重要で

天気予報の「県内の一番吹いている所で風速10m/s」ならプレイは可能です。

しかし、「コート内の平均風速が風速10m/s」ならかなり難しいでしょう。

たいてい、コートは客席等が風を遮るつくりになっています。

だからコート内は若干風が弱まります。

そのコート内で平均風速が10m/sの風ならコート外では15m/sぐらいの風で

当然強風注意報も出ているでしょう。

どこで風速10m/sなのかによって中止があり得るということです。

仮にその強風のなかプレイすると

風下側なら「普段なら絶対アウトだよね?」ってぐらいの強さで打ってちょうど良いぐらい。

全力で強打しましょう。

風を逆手にとってドロップショットを狙うと、普段では考えられないぐらい球が止まるでしょう。

アングルもコントロール出来たら、相手コート内で風によって押し戻され

強力なショットになります。

ただ、コントロールはかなり難しいですが。

風上側なら、風の向きに合わせて打つと威力が上がりますが

これも、コントロールが難しくなります。

普段より球がのびることを意識しましょう。

風上・風下問わずロブは変化が大きくなります。

強打はかなりしにくいでしょうが、アウトの可能性もかなり高まります。

サーブのトスは絶対低めにして風の影響を抑えましょう。

軟式テニスだと中止ですね。