誰も教えてくれない天気図の見方

天気図の見方, 天気予報の話題、雑学, 気象予報士、気象の話

線状降水帯とは?

梅雨など被害の発生する大雨で最近よく聞く言葉、線状降水帯。

「大雨災害の原因は線状降水帯でした」

「被害をもたらせた大雨は線状降水帯でした」

という話もよく聞きます。

そ ...

天気図の見方, 役立つサイトの紹介

ディズニーランドへの旅行の予定をたてるために役立つ天気予報

天気予報といえば今日や明日、週間天気予報を想像すると思います。

でも、最近では2週間天気予報や16日天気予報、90日天気予報などどんどん予報期間がのびています。

天気図の見方

風速の目安の表をkm/h(時速)やkt(ノット)で変換する

風速の体感の目安にはビューフォート風力階級表というものがあります。

風速と体感の目安です。

風速3m/sだと、木の葉が動く…とかそういった目安です。

天気図の見方

accuweatherとは唯一の1ヶ月の天気予報をしている会社

「accuewatherと言えば1ヶ月天気予報」

「1ヶ月天気予報といえばaccuweather」

そういうぐらい、accuweatherの1ヶ月天 ...

天気図の見方, 役立つサイトの紹介

2週間先の天気予報と天気図のニーズが高い

先の予定を立てるときや、台風の動向をみるときに、最近では2週間先まで見ることができるようになりました。

次に紹介しますが、ニーズがあるので気象協会(TENKI.JP)では2週間天気予 ...

天気図の見方, 天気予報の話題、雑学

風速の単位はkt(ノット)とm/s(秒速)と時速(時速)とmph(マイル毎時)がよく使われる

風速の単位、いろいろありますよね。

同じ風速なのに単位が違って不便な気もしますね。

ですが、それぞれメリットがあるので ...

天気図の見方, 天気予報の話題、雑学

風速の単位でkt(ノット)が使われるが1kt=0.514m/sという意味

風速のkt(ノット表示)ですが、国際的にはkt(ノット)が広く使用されています。

先に結果を知りたい人もいると思うので簡単な表だけ載せておきますね。

天気図の見方

停電したときに、まず何をする?

突然の停電、困りますし、焦りますよね?

あなたら何をしますか?

災害は忘れたころにやってきます。

停電も忘れたころによってきます。

いざという時のためにする ...

天気図の見方

雷の被害は毎年発生していいるので対策は必要

ゴロゴロ、ピカッ!

雷に外で遭遇したとき、正しい対応、分かりますか?

気象庁 雷による被害

国内でも年間数人が被害にあっています。

平成26年  ...

天気図の見方

雨の強さ、●●ミリにも種類がある

雨の強さを表現するときに●●ミリの雨、〇〇㎜の雨という表現、聞きますよね?

では1ミリの雨とは?100ミリの雨とは?イメージがわかないという話はよく聞きますのでここで紹介いたします。 ...